中島飛行機の職員名簿

ファイル 281-1.jpg

 『中島飛行機と終戦』がいよいよ配本される。
 早いところは今週末、ほとんどは来週初めのようだ。

 今まで、自分の本は40数冊出版しているが、いつもドキドキする時期が今。
 売れるか売れないかというより、お叱り、抗議を含め「反響」が気になる。

 はんだ郷土史だよりや、このブログで先行しているので、ぼちぼち問合せが来る。

 「私の父の資料はないか」などだ。
既に2件も問合せいただいた。
 膨大な資料なので、そう簡単に固有名詞は引き出せないが、この写真の「職員名簿」なら一目瞭然だ。

 ところで、この名簿の作成日にご注目。
 昭和20年8月10日だ。終戦の5日前。本書をお読みの方なら既にご存じのように、中島飛行機は終戦の日=8月15日より相当前に終戦を知っていた。

 この名簿は「疎開」のためが名目だが、他に利用価値があった?
 何かヒントがあればご教示願いたい。

 ともあれ、終戦のゴタゴタ。理解できないことが満載である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です