常滑市民大学講座・西まさるの江戸の話

久々の常滑市民講座の開講にほっとした思いだ。本来は8月だった講座がコロナ禍で延期されていたもの。今回も「大丈夫かな?」と心配していたが、どうやらコロナも退散してゆく模様。この2,3日は半田市も常滑市もコロナの感染者はゼロ。これが続いていけばいいが。

 

10月31日は「江戸時代の庶民のくらし」。以前、講座の中で、「江戸時代の人々の暮らしを知らなさすぎるよ。庶民の70%が長屋に住み、どの家庭にも俎板も包丁もなかったのですよ。それにね・・・・」との脱線話を面白がって、もっと聴きたい、のリクエストに応えたものだ。落語みたい話だが、全部が史実ですぞ。

そこそこ喜んでいただいた様子。

11月20日(土)は「中島飛行機半田製作所」を話す。これは自分で言うのも何だが、ぼくしか話せないものがたくさんある。原本や資料も公開する。よろしければご参加を。

会場は常滑中央公民館。10時~11時30分。申込み=中央公民館 0569-35-6311  問合せ=生涯学習スポーツ課

入場制限があるかもしれない。

9月例会 高田みのり氏のミニ講演

『戦時下の東南海地震の真相』が上梓された。300人以上の証言を下敷きにしたルポルタージュ的な本だが、「隠された大震災」の...

9月例会は26日に延期です。

9月19日に予定されていた当会例会『ふるさと講座』は26日(第4日曜日)に延期します。会場の都合です。 場所はアイ...

『戦時下の東南海地震の真相』を出版

ブログ、2ヶ月もさぼってしまった。 「何をしていたんだ」。「本を書いていました」。 「どんな本なの」...

6月例会いよいよ正常化に

6月例会は6月20日、久しぶりに2本のまともな講座スタイルに戻った。「まとも」は言い過ぎかもしれないが、ここ1年はコロナ...

鴉根の榊原弱者救済所跡に狐の陶像が建った。5月に除幕式があった模様ははんだ郷土史だよりでお知らせした。 陶像の作者...

『中島飛行機の終戦』に今、なぜか注目が

拙著『中島飛行機の終戦』が、なぜか売れている。平成27年の本でもう7年も前の出版だが、今、息を吹き返したようだ。アマゾン...

昭和東南海地震の体験談を語る会

 中日新聞さんが16日朝刊で「昭和東南海地震の体験を語る会」の記事を書いてくれた。  朝から電話が鳴り止まない。 ...