悲しき横綱の生涯―大碇紋太郎伝

356-6
  • 著者 : 西まさる
  • 体裁 : 四六判ソフトカバー・320頁
    ISBN978-4-86044-356-6

悲しき横綱の生涯―大碇紋太郎伝  (356-6)

定価¥1,800(税込 1,980円)
在庫状態 : 在庫有り
数量
 東京大相撲の大関が東京角力協会で叛乱。その後、京都相撲に転じて第四代横綱に襲名。
明治時代に京都相撲の力士を引き連れ渡英、初の大相撲海外公演を成し遂げる。
以来ヨーロッパ各地を興行し、そして大碇は南米で客死。
ところが南米で死んだはずの大碇は東京で生きていた!?
そこには河上肇の姿が!?  知られざる伝説の大横綱。