知多半島・郷土史往来4号

ourai04
  • 著者 : はんだ郷土史研究会
  • 体裁 : A5判・ソフトカバー・152頁

知多半島・郷土史往来4号  (ourai04)

定価¥909(税込 1,000円)
在庫状態 : 在庫僅少
数量

◎吉原遊郭を支配した南知多衆・・西 まさる
◎尾州廻船が半田市に残した価値ある歴史遺産・・本美 吉朗
◎世界をめざした先人たち
海運会社 東海航業知多航業の航跡・・森下 高行
◎「送り一札」と闕字・平出・擡頭・・竹内 雄幸
◎船頭重吉の半田の居宅探し・・竹内 和子
◎十辺舎一九の半田と内海の足跡・・編集部
◎四條流包丁儀式・・入口 修三
◎半田市最初の銀行とお札・・本美 吉朗
◎『金城新報』でみる陸海軍聯合大演習の実態・・河合 克己
◎労働基準監督官の優良企業見聞録・・小栗 利治
刈谷木材/牧野鉄工所/岡徳織布/日本油脂/大府紡績/大信紡績/山田紡績
/都築紡績/カゴメ/愛三工業/田中製陶/川崎製鉄/西浦製陶/知多織物協組
◎鴉根山の新美南吉と『狐』・・西 まさる
◎『ふるさと講座』110回のあゆみ