嬉しいこと二つ。常滑市民大学講座開講とベストセラー

嬉しいことが二つあった。一つはコロナ禍で中断していた常滑市民大学講座が開講されたことだ。

9月13日(日)常滑市中央公民館で開講。条件が悪い中だが、30数名がご出席。演題は「鴉根弱者救済所と亀三郎の狐」。熱心に受講くださった。

会場は定員の半分以下に抑え、ソーシャル・デスタンスを確保。感染対策はしっかりとされていた。

壇上のぼくはフェースシールド。これで1時間30分喋るのはけっこう辛いものがあるが、少しも手抜きはしないでがんばった。

そしてもう一つ嬉しいことがあった。

何と拙書『昭和史の隠れたドン 唐獅子牡丹・飛田東山』がアマゾンの「人物評伝」で売れ筋1位になった。ベストセラーとリボンが貼られているのをご覧願いたい。ベストセラー! ああ何と甘美な響きなるかな。(笑)

作家生活30有余年、出版した本は50点を超える。だが、どれもベストセラーなど縁遠い本だった。思えば、『悲しき横綱 大碇紋太郎伝』が丸善書店のベスト本の1位になり、本屋大賞にノミネートされたことがあったが、本は売れず、返本の山だった。

あれから15年。リベンジ! ・・・・。ともあれ飛田東山という男を、少しでも多くの人に知ってもらいたい。それにつきる。

良いことが二つあった。私ごとですみません。

辻政信『ノモンハン秘史』にびっくり!

篠田泰之さんがご著書『音吉伝』が販売されている三省堂岐阜店の棚の模様を撮って送ってくれた。 堂々の平積み。大書店の...

コロナに負けず、8月講座。

8月例会を開講。この日はちょうど終戦から75年と一日目。特別企画である。 終戦というタイムリーなこともあっ...

8月『ふるさと講座』開講します

収束どころか着地点すらまるで不明のコロナ禍の毎日ですね。 今までの日本の歴史でこんなに混乱している政府・行政はあっ...

西まさる編集事務所 移転1周年

西まさる編集事務所はこの半田市新栄町23に移転してちょうど1年となった。 でも、いまだに迷っていらっしゃる人が絶え...

7月例会開講。感染対策万全!

4ケ月ぶりの『ふるさと講座』です。妙に緊張した。 会場はいつもの定員90名の研修室から定員120名(机なしなら25...

7月例会『ふるさと講座』開講します!

4ケ月ぶりです。創立以来16年、毎月毎月、一度も休まず、一度も遅れず開講してきた『ふるさと講座』でしたが、コロナのやつに...

我等職場の神風特攻隊たらむ

『はんだ郷土史だより』7月号で昭和20年7月24日の半田空襲の〝秘話〟を書いた。 秘話①は、7月15日以降に七本木...

コロナに負けず、日常へ!

名鉄カルチャースクールが開講した。3、4、5月と休講したので4ケ月ぶりの講座だ。 心配した受講生の諸氏も元気で多く...