1月例会 家康の逃避行、常滑か篠島か

令和3年1月例会は1月17日。感染対策を万全にして開講した。

今回は小林和彦氏の「本能寺の変、家康の伊賀越え後の逃走ルート」。

西まさるの「忠臣蔵をナビゲーターにして、江戸の食文化を探る」である。

本能寺の変の時、家康は堺にいた。そして光秀の追撃を恐れ、地元岡崎へ向けて逃げたのだが、「神君伊賀越え」で知られた伊賀路から白子の港までの道筋はほぼ分かっている。ところが、それから知多半島に来たという説には幾つかあり、白子→常滑(大野)→半田・常楽寺→岡崎が有力とされていた。ところが篠島にその日に家康が来たという記録があった。

その辺りを小林氏は現地を訪れて調査、その結果の発表である。

西の講座。

内匠頭の最後の晩餐は湯漬け。勅使饗応の会席膳の献立の紹介。江戸の酒、蕎麦屋、四文屋、けんどん屋。浪士の討ち入りの後の食事。面白く楽しい講座だったと自画自賛しておく。

飛田東山はヤクザなのか

飛田東山の全身には間違いなく刺青がある。牡丹の花と唐獅子。さよう、唐獅子牡丹である。だからといって飛田はヤクザではない。...

明けましておめでとうございます。

謹んで新年のご挨拶を申し上げます。 これが令和3年、我が家のおせちでございます。・・と言いたいところですが...

浅野内匠頭の最後の晩餐は何? 吉良は?

今日は12月14日(正確には旧暦)、赤穂浪士討ち入りの日である。 討ち入りの原因となった松の廊下の刃傷沙汰の後、浅...

『昭和史の隠れたドン』。重版出来

嬉しいことに『昭和史の隠れたドン 唐獅子牡丹・飛田東山』がそこそこ動いている(動く=業界用語で売れているの意)。 ...

11月は清水次郎長

11月15日『ふるさと講座』。十数年ぶりに次郎長さんのお出ましである。実はこの次郎長さんは「はんだ郷土史研究会」...

10月例会・知多半島の豪商と紙幣

うっかりブログの更新を忘れていた。ごめんなさい。 10月例会は「尾張知多の豪商と紙幣」。同名の本を本美吉朗さんが出...