6月例会いよいよ正常化に

6月例会は6月20日、久しぶりに2本のまともな講座スタイルに戻った。「まとも」は言い過ぎかもしれないが、ここ1年はコロナ禍でおっかなびっくりの講座が続いていたからだ。

1コマ目は、愛知の寺子屋紹介(前半) 講師は吉田政文
 愛知の寺子屋の実態はどうだったのか。知多郡125の寺子屋の詳細も紹介する興味深い発表。

吉田氏

2コマ目は、江戸時代の庄屋の役割 講師は市野忠士氏。

これは、武豊・三井傳左衛門家文書等々の調査を踏まえて庄屋の役割や当時の立場などであった。

市野氏

2コマとも江戸時代の知多半島の実態に迫るものだ。

鴉根の榊原弱者救済所跡に狐の陶像が建った。5月に除幕式があった模様ははんだ郷土史だよりでお知らせした。 陶像の作者...

『中島飛行機の終戦』に今、なぜか注目が

拙著『中島飛行機の終戦』が、なぜか売れている。平成27年の本でもう7年も前の出版だが、今、息を吹き返したようだ。アマゾン...

昭和東南海地震の体験談を語る会

 中日新聞さんが16日朝刊で「昭和東南海地震の体験を語る会」の記事を書いてくれた。  朝から電話が鳴り止まない。 ...

昭和東南海地震ー隠された大地震の実体験

 昭和東南海地震直後。煙突は中島飛行機山方工場 昭和19年12月7日の東南海地震、その翌月の20年1月13日の三河...

鈴渓会館で鈴渓義塾の話

常滑市民大学講座に呼ばれ、鈴渓会館で鈴渓義塾の話をした。鈴渓義塾の本家本元で鈴渓義塾を講義するのは、実は相当に度...

2月例会 岩田覚太郎について

 例会の模様 2月例会は竹内和子氏の「岩田覚太郎 ー半田高女などの教師。日本画家、版画家ー」。竹内さんは半田高女時...

上皇陛下の晩酌の酒

昨年春、学習院大学に行った。取材である。お会いしたのは上皇のご学友たち。取材は『昭和史の隠れたドン 唐獅子牡丹・飛田東山...