昭和東南海地震の体験談を語る会

 中日新聞さんが16日朝刊で「昭和東南海地震の体験を語る会」の記事を書いてくれた。
 朝から電話が鳴り止まない。
 一宮市の女性から「「記事を読んで涙が出て止まりません。思い出したくないのですが、道徳の三菱重工で朝鮮人徴用工の女性が家屋の下敷きなって死にました」。
 知多市の92歳の男性「中島飛行機山方工場にいました。建物が倒れ、友人2人が圧死。2人の間にいた私は無事でした」
 そんな被災経験者から電話が殺到! 75年経っても忘れられない悲惨な思い出なのです。その体験をみなさんにお話しして、聞いて頂き後世に伝えたい。そんな会です。
  4月18日(日)アイプラザ半田で13時30分~
  【戦時下、秘匿されていた地震の実態を知る】
 昭和東南海地震の体験談=会場からの発言
  「中日新聞をみた。私も体験者!」の声を受けての緊急企画
 二度とない機会でしょう。よろしかったらおいでください。

昭和東南海地震ー隠された大地震の実体験

 昭和東南海地震直後。煙突は中島飛行機山方工場 昭和19年12月7日の東南海地震、その翌月の20年1月13日の三河...

鈴渓会館で鈴渓義塾の話

常滑市民大学講座に呼ばれ、鈴渓会館で鈴渓義塾の話をした。鈴渓義塾の本家本元で鈴渓義塾を講義するのは、実は相当に度...

2月例会 岩田覚太郎について

 例会の模様 2月例会は竹内和子氏の「岩田覚太郎 ー半田高女などの教師。日本画家、版画家ー」。竹内さんは半田高女時...

上皇陛下の晩酌の酒

昨年春、学習院大学に行った。取材である。お会いしたのは上皇のご学友たち。取材は『昭和史の隠れたドン 唐獅子牡丹・飛田東山...

1月例会 家康の逃避行、常滑か篠島か

令和3年1月例会は1月17日。感染対策を万全にして開講した。 今回は小林和彦氏の「本能寺の変、家康の伊賀越...

飛田東山はヤクザなのか

飛田東山の全身には間違いなく刺青がある。牡丹の花と唐獅子。さよう、唐獅子牡丹である。だからといって飛田はヤクザではない。...

明けましておめでとうございます。

謹んで新年のご挨拶を申し上げます。 これが令和3年、我が家のおせちでございます。・・と言いたいところですが...