12月例会 忠臣蔵よもやま話

12月の例会は松井一夫氏(中央義士会会員)の「忠臣蔵よもやま話」。中央義士会は忠臣蔵の正伝を学ぶ会とのことで史実に忠実であることを重視するお話は共感できるものだった。

ちょっと困ったのは、私(西まさる)も大高源五は日間賀島の出身と思っていて、それに副って文章も書いて来た。ところが「これはペケ」と言われて、ちょっと驚いた。史実はこうして検証され続けなければいけない。

他、小山田庄左衛門のこと、吉良義周のことについて興味深い話もあった。

壇上は松井一夫氏。後の装束は赤井氏が持って来てくれた。

もう一コマは西まさるの「知多半島はこんな不思議な国だった」。もう耳にタコができている人も多いだろうが、まだまだ地元に浸透にはほど遠い。「知多郡は尾張ではない。家康の国だった」。これらが定説となるまで、しつこく話し続けるつもりだ。

飛田東山を求め青梅から御岳峡谷へ

ぼくは杖がなければとても普通に歩けない。極端に言えば二足歩行の困難者である。 その歩行困難者が何と峡谷の細い坂道を...

『知多半島郷土史往来』6号が刊行!

お待たせ!! ようやく『知多半島郷土史往来』6号が刊行できた。 今回は新発見、初公開の論文が揃い、高レベル...

10月例会

10月の例会は、10月20日。 「知多黒鍬衆の大なる遺産といくつかの謎 」(講師:城 浩介)と  城氏の講演...

事務局が移転しました

西まさる編集事務所が移転しました。同事務所に同居する はんだ郷土史研究会ですので、同じく移転しました。 移転先は、...

9月例会は「伊勢湾台風の体験を語る会」

9月例会は9月15日。 *実は事務局=西まさる編集事務所の移転で暫くホームページの更新ができなかったので、内容を書...

西まさるの文学講演会

小栗風葉をひろめる会の小栗忠彦先生のおだてにのり、とんでもないものを引き受けてしまった。 文学講演、それも「ノンフ...

例会場が半田東区民館に

例会場のアイプラザ半田が耐震工事のため例会会場が変更します。 8月・9月・10月・11月・12月は東区民館です。時間は...