浅野内匠頭の最後の晩餐は何? 吉良は?

今日は12月14日(正確には旧暦)、赤穂浪士討ち入りの日である。

討ち入りの原因となった松の廊下の刃傷沙汰の後、浅野内匠頭は切腹。吉良上野介は重傷を負って生死の境にいた。その時、二人の最後の晩餐は何だか知っていますか? (吉良はその時は死んでいないから最後の晩餐ではないが)

以前、これを見付けて大喜びしたものです。彼らの最後の晩餐は、二人とも「湯漬け二杯」だった。

ちなみに勅使饗応の会席料理の献立も見付けた。

この話は次回のふるさと講座(12月20日)で。

『昭和史の隠れたドン』。重版出来

嬉しいことに『昭和史の隠れたドン 唐獅子牡丹・飛田東山』がそこそこ動いている(動く=業界用語で売れているの意)。 ...

11月は清水次郎長

11月15日『ふるさと講座』。十数年ぶりに次郎長さんのお出ましである。実はこの次郎長さんは「はんだ郷土史研究会」...

10月例会・知多半島の豪商と紙幣

うっかりブログの更新を忘れていた。ごめんなさい。 10月例会は「尾張知多の豪商と紙幣」。同名の本を本美吉朗さんが出...

辻政信『ノモンハン秘史』にびっくり!

篠田泰之さんがご著書『音吉伝』が販売されている三省堂岐阜店の棚の模様を撮って送ってくれた。 堂々の平積み。大書店の...

コロナに負けず、8月講座。

8月例会を開講。この日はちょうど終戦から75年と一日目。特別企画である。 終戦というタイムリーなこともあっ...